ハーヤンとノンチ

センターから保護した黒猫まいこ。キジ白ハーヤン、キジトラMIXノンチ、みんなFeLVと闘ったよ!猫のためならどこまでも・・・1人ぽっちの地域猫活動!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出会う前から。。。

昨日は まいこと出会って 丁度1ヶ月でした

私はまいこと出会う前 別の出会いがありました

ハーヤンが5歳になり もう1匹欲しいと思っていて
ブログを通して 多くのボランティアの方
また個人で活動されている方を知り
改めて殺処分の現状なども 知りました

やはりもう1匹飼うんだったら 1匹でも助けたいと
ハーヤンは 野良猫さんが産んだ子
ノンチは 捨て猫
それ以来 そういう出会いはありませんでした

私は黒猫さんが好きで 出会いがあったらな と思っていました
勿論 センターへ行くことも考えていました
果たして小心者の私が 1人でセンターへ行けるだろうか。。。とか

そんな時 純情仔猫物語 で1匹の黒猫ちゃん 小太郎くんとの出会いがありました
一目惚れです 「この子の里親になりたい!」と思い
私はKAZUさん宛てにメールを書いていました

でも そのメールは下書きのまま。。。
綺麗ごとではなくて KAZUさんだったら きっと小太郎くんに
素敵な里親様を 見付けてくださると
私は他に 救うべき命があると そう思いました

そんな中 小太郎くんは 必死に生きようとがんばっていました
KAZUさんが小太郎くんの命を 必死に守ってくださいましたが
数日後 小太郎くんは 天使になりました
KAZUさん ありがとう
小太郎くん 君の死は無駄にしないよ
私は1つでも命を救うことを 小太郎くんに誓いました


そして運命の 6月1日
私は仔猫を迎える準備をし センターへ向かいました

センターに着くと 気持ちが重くなりました
慰霊塔に手を合わせ センターの中へ

私が仔猫を引き取りたいと言うと
「どうぞ中へ入ってください」と言われましたが 断わりました
現実から目を背けてはいけないけれど 自分の心が心配になった

「じゃあ連れてきますから ご希望はありますか?」と聞かれ
「あの・・・黒の できれば男の子」思わず口から出ていました
小太郎くんのことを 小太郎くんに誓ったことを 思い出したから。。。

ところが係りの方は 2匹連れてきました
仔猫から目を逸らし 「あの 1匹でいいんですけど・・・」
「いやいや ここからはご自分で 選んでくださいよ!」と言われ
困り果てました 選べない。。。

意を決して 仔猫に目をやると
見た目でハッキリしていました そのことは書けませんが
でも私でも救えたかもしれなかったと 今でも胸が痛いです
まいこを抱いて ごめんねと 選ぶことがこんなに辛いのかと
切ないのかと 涙が出ました 一生忘れないでしょう


それがまいことの 「出会い」 です

0419mai.jpg


小さなまいこだけど 命は重かったです

0428mai.jpg


この子は絶対守る 絶対助ける

0427mai.jpg


入院生活が長く がんばったまいこ
先生 看護婦さんには 本当にお世話になりました

1069mai.jpg


そして何より 皆さんにたくさん応援していただき
励ましていただき 本当に 本当に感謝の気持ちでいっぱいです

こんなにまいこ 大きくなって 順調に育っています

0249mai.jpg


何度もくじけそうになり 私は自分の弱さを知りました
そして本当に 本当に 命の重さを知りました
そして人の温かさを 幸せなことに たくさん感じました

改めまして。。。 ありがとうございました!


コメントもいつも嬉しくて ありがたいです

お返事できなくて 本当に申し訳ございませんm(._.)m




人気ブログランキングへ

| まいこ | 12:20 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どうにかしたいって思っても、中々行動に移せないけど
ノンママさんは、偉いですよ!
個人の力では、どうしようも無いこと、だけど
心に留めてるだけでも、違うと思います

運命の赤い糸・・・信じてます
まいこちゃんとの出会いは、決まっていたと思います
優しいママに出会って、良かったね♪

| いたずらっこ  | 2009/07/02 12:45 | URL |

選ぶことって辛いですよね。
こたくんのこと、その後のがんもくんやこんぶくん。
こんな小さな子に、なんと酷いことだろうと思いました。
でも現実なんですよね。

ノンママさんの決意でまいこちゃんは助かりました。
もし職員さんがこの子が女の子だと知っていたら
助かってなかったんでしょうね。
まいこちゃんは強運を持っています(*^-^)b
だから入院しててもちゃんと帰って来られたんだわ。
そう思うと偶然は必然だったのかもしれません。
死ぬほどの思いをしたのだからこれからは
ずっと幸せになれるはず!

まいこちゃん、いいお家と優しい家族、
頼もしい?お姉ちゃん達に会えてよかったね(^-^)

| あび | 2009/07/02 13:17 | URL |

小太郎はきっとノンママさんとまいこちゃんを巡り逢わせる為に生まれてきたんじゃないでしょうか(>_<) 小太郎君の猫生は短かったけど愛情を沢山受けて幸せだったと思いたいです。まいこちゃん元気そうで何よりです。お転婆位が調度いいですよ(^O^)

| たかあき | 2009/07/02 13:34 | URL |

ぐっときましたね!

1匹の命ってとっても重いのですよね!
もっと優しい人間が増えたら
不幸なにゃんこやわんこは減るのに
悲しい現実です!
でも、私も目をそらせてしまう
直視できない弱虫です
でもいつかまたきっと不幸なにゃんこを
幸せにしたいと思います
まいこちゃん!
みーんなで幸せになろうね!

| ヒトミンチョ | 2009/07/02 17:35 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/07/02 17:42 | |

ちっちゃいけど大切な命。
誰かが行動を起こさないと助からない命。
小太郎君の猫生は短かったけど、
最後はKAZUさんの愛情に包まれていました。
そんな暖かさも知らずに天国へいってしまう小さい命。
そんな子になってしまったかもしれないまいこちゃんを
ノンママさんは助けたんですよね。
まいこちゃんは強運の持ち主です。
もう1匹の子の分もこれから幸せになって
長生きしてくれると思います。

| うり | 2009/07/02 18:39 | URL | ≫ EDIT

まいこちゃんとの運命的な出会い。
何回も読み直してしまいました・・
小さな小さな体の中の大きな命。
運命的な出会いの中でまいこちゃんは
ノンママさんのお宅に来たのですね。
6月1日。忘れられない日ですね。
これからもたくさんの素敵な想い出を作ってくださいね^^
便乗して楽しませてもらいます(*^ω°)-★"

| 蕗まま | 2009/07/02 19:50 | URL |

行動を起こすことって、すごく勇気がいるし大変ですよね。
もっとたくさんの命を救えたらいいけど、それって個人では
限界があることだし、選ぶことに私も罪悪感を感じるけど
でも1にゃんでも多くの命を救うことが大切なんだと思います。
まいちゃんはノンママさんを選んで来た子だもの!
これからもっともっと幸せになろうね☆

| ころ | 2009/07/02 20:37 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/07/02 21:54 | |

ちょっと忙しくてコメントできずにおりました。

ノンママさん、そんなお辛い思いをされていたとは。
お辛いけれど、まいちゃんとそのコにとても大切なことを教えてもらった。
そのコの命もまいちゃんと一緒にノンママさんは抱きしめているのですね。

それを思ったら、涙が溢れてきてしまいました。
もっともっとみんなが同じように命の重みを感じてくれるようになったら・・・。
そう心から願わずにいられません。

| ゆうたん | 2009/07/02 23:20 | URL | ≫ EDIT

祝・一ヶ月!

まいこちゃん
いろんな事あったけど
よかったね^^
パパもね、いつも
『小さな体ですが大きな命ですから』って
留守中の我が家で待ってるちゃぴこの事を
お願いしてるんだよ^^
みんな、大事な大事な子供だもんね!
ママさんやパパさんに守って貰って
まいこは幸せです!
だよね^^

| ウサギのちゃぴこのパパ | 2009/07/03 10:58 | URL | ≫ EDIT

2匹のうち1匹を選ぶのは 本当に辛かったでしょうね
読んでるだけで胸が一杯になりました
まいこちゃん 幸せになってね 

| nekoyama | 2009/07/03 11:00 | URL | ≫ EDIT

まいこちゃん、元気におっきくなるんだよ~♪

| なお丸 | 2009/07/03 11:45 | URL |

命をみつめて

そうですか・・・そんな事があったのですか・・・・センタ‐へ行くことすら勇気がいる事なのに、2匹のうち どちらかを選べなんて残酷すぎて、つらすぎますよね・・・・・・私もKAZUさんの純情仔猫物語の中の悲劇の季節の写真を見て言葉を失いました。
『私達人間は、なんて事をしているのだろう・・・・こんな事を繰り返してはいけない。なんとかしたい・・』と毎日考えるようになりました。そして、自分も何かしないといけないと思いTNRの会員に登録しました。一人でも多くの人達が行動を起こし、活動が全国に広がって行けば生き物を飼っている人達の意識改革、行政の在り方、そしてなんと言っても、命の重さ、尊さを訴えていく事が出来るのではないかと確信しています。

| みけ | 2009/07/03 12:03 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/07/08 22:41 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://xfhxc399.blog73.fc2.com/tb.php/109-4337a372

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT