ハーヤンとノンチ

センターから保護した黒猫まいこ。キジ白ハーヤン、キジトラMIXノンチ、みんなFeLVと闘ったよ!猫のためならどこまでも・・・1人ぽっちの地域猫活動!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

擬陽性と隔離

皆さん こんばんは



温かいコメント
励ましのお言葉
本当にたくさん
ありがとうございますm(._.)m


また メールや鍵コメに
たくさんのアドバイスをいただきました
ありがたく
希望が持てました

純情仔猫物語 のKAZUさんには
お忙しくご活動をされている中
たくさんのアドバイスと
私に隔離の重要性を教えてくださいました

そして KAZUさんをはじめ
鍵コメやメールをくださった方に
『擬陽性』ということを教えていただきました

はなこのバンドの色は濃いですが
のんことまいこのバンドの色はとても薄いです

『擬陽性』という段階では
陰転する確率が高いそうです

これ以上の感染を防ぐために
はなこを隔離しました
これもアドバイスいただきました

こんな飼い主ではいけないかもしれませんが
隔離は正直・・・
とても辛いです
ストレスも心配になります
そして いざ隔離をしてみると
飼い主の私たちも とてもストレスを感じます

σ(-`ー;)・・・
この雰囲気どうしたらいいのでしょう
でも 可能性があるならば
徹底すべき
いいえ しなくてはいけません


飼い主として・・・


守る命

2824.jpg



愛する家族です

2835.jpg



でも・・・・・

ひとつ言わせてください

ハーヤンが可哀想で・・・


とっても辛いです

ハーヤンも辛いと思います
一緒に寝たら
いつも足元で寝るのに
私の胸にぴったりくっ付いて寝ました
寂しかったんだね
これからどうしたらいいんだろう・・・



今回 アドバイスをいただかなければ
『擬陽性』ということは
知らずにいたと思います

どうして病院の先生には分からないのでしょうか
先生は希望を持って・・・
とは言ってくださいましたが
『私の経験では陰転する子はとても少ないです』
とおしゃっていました

私は諦めません


私たちの切なる願いと
皆さんが応援してくださる限り・・・





ポチっと 励みになりますm(._.)m
    
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| 猫白血病ウイルス | 23:09 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/06 00:06 | |

母子感染のような持続感染と
かかったばかりの感染は陰転率が違うので
インターフェロンを続けた方がよく
また擬陽性というのをお医者様が知らないんではないと思いますよ^^

薄いラインでも必ずしも擬陽性ではなく
うまく言えないんですが、長い間血液検査のラインを見て来た
経験で、逆にこんなアドバイスはお医者様に失礼だったかも知れません。
本当にごめんなさい。

でも、可能性は十分あるので、
今、何がベストかは、これ以上飲み水などの共有を続けると
陰転治療の意味がなくなってしまいます。
お辛いかもしれないけど、それをしないと感染はふせげないから
どうか沢山頑張られたと思いますが
そういう方にかける言葉じゃないけれど、頑張ってください。

私もワクチン前の子の隔離には苦労しますが
大きな感染症があると、やっぱり頑張って良かったと思います。
全力で応援してますから、頑張って!うん(o^―^o)

| KAZU | 2010/03/06 00:20 | URL |

「心を鬼にして」しなきゃいけないと頭で分かってても、
鬼じゃないんだから、感情はついていけないですよね。
お辛い気持ちは、このブログで吐き出してくださいね。

ハーヤンもノンチちゃんもまいこちゃんも、
いつも一緒にいたのに、急に離れると淋しいでしょうけど、
後で後悔して辛い思いをするより、
今、辛い思いをノンママさんと共有して分け合って
乗り越えていって欲しいな、と思います。
ハーヤンが胸元にぴったりくっついてきたら、
「ママも淋しいよ。でも、一緒に頑張ろうね」って、
共感してあげれば、それでいいんじゃないかな・・・
あ、ノンチちゃんとまいこちゃんにも
同じケアがいるから、身体3つ欲しいですよね・・・
分身の術、誰か教えてくれませんかねぇ・・・

| 4匹猫母 | 2010/03/06 02:35 | URL |

ノンママさん 今のすべての時間を猫ちゃん達と一緒にいて 接触させないよう 且つみんな一緒の所においてあげるというのは 無理なんですか 隔離は最善の方法ですが 誰かが助かったとしても きっとこの方法は今後 あなたを苦しめ続けるような気がします 今辛いですよね でもこれから先もっと辛いことが来るのです その時あなたを支えるのは あなたのやってきた事です

| ゆき | 2010/03/06 07:30 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/06 09:50 | |

つらい!

ハーちゃんが胸で寝てくれるのですか・・・
寂しいんでしょうね!
私もお外に出してとすごい声でなくみんとをなだめるのが
大変です!
すっごくつらかったけどそれがみんとのためになるとおもったら
今は気持が楽です!
これを乗り切ったらきっと・・・って思っています
ノンママさんの場合はもっともっと大変だけど
これを乗り切るしかありませんよね!
ハーちゃんを抱き締めていいこいいこしてあげてくださいね
うまく言えなくてごめんなさい!

| ヒトミンチョ | 2010/03/06 10:01 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/06 10:26 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/06 11:24 | |

ハーちゃんかわいそうですが、ノンちゃんまいちゃんを守るためですもんね。
ハーちゃん、ノンママさんにたっぷり甘えてね。

隔離は本当につらいことだと思います…
でもこれを乗り切って頑張ってほしいです。
乗り切ったら、きっと次につながると思います。
つらいと思いますが頑張ってください。
諦めないで突っ走りましょう!!私も一緒に走ります(*^_^*)

| 魔レラ | 2010/03/06 12:41 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/06 13:37 | |

こんにちは

こんにちは。
コメントを頂きながら、すっかり遅くなりました。ごめんなさい。

陰転ですが、擬陽性じゃなくても陰転するみたいです。BLOGにも書きましたが、私のかかりつけの病院の看護婦さんは白血病が多くでている家から2.5ヶ月の時子猫を譲り受け、すぐ血尿で白血病がわかりました。この後、インターフェロンを打ったのは3回のみ。インターフェロンを打ったあと擬陽性になったみたいですが、すぐに陽性になり陰転するのに1年と10ヶ月かかったみたいです。検査機関に出しつづけたみたいです。

犬と猫の踊ちゃんも陰転したみたいですし


隔離はつらいですが、
母子感染で、同じ状況にいても感染する子としない猫もいます。100%感染しないという保証がないかぎりは分けておいたほうがベストです。
我が家の隔離部屋でも結局リンパ腫になったあんと新しく保護した白血病のアールは、リンパ腫になったことをきっかけに分けて暮らさせています。アールが陰転する可能性があるので、器も2匹は消毒しています。

今でも血液検査をする猫は少なく、白血病とわかっても経過を見て血液再検査をしている猫も少ないのではないかと思います。白血病なのに長生きしている猫の話など聞くと陰転している?と思ったりもします。
あと、白血病に関しては、データーが少ないのだと思います。具合が悪かったり、リンパ腫になって病院に来るので、検査したら白血病。持続感染の猫。悪くなって病院に来るので、先生は、白血病の悲惨な症例を多く見ているのだと思います。
陰転している子は、飼い主も白血病ということを知らず。知らないうちに陰転していたりするのだと思います。

我が家の持続感染で発症している猫はあんちゃんですが、状態としては、悲惨です。口の中はどろどろですし、病院の治療もしていますが、どんな治療をしてもいいといわれているので、色々とやっています。

飼い主が、悲しむと猫たちはそれを受け取るので、あまり悲しまないで下さい。

d-フラクションは、我が家も病院でもらっています。

また、来ますね。

| michimichi | 2010/03/06 13:53 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/06 15:33 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/06 16:20 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/07 00:06 | |

隔離……
辛いですよねぇ……
当たり前ですよ、家族なんですから…

ノンママさんとは比べ物にはなりませんが、
もちさんの体調が悪く、うーちゃんをお隣に
3日…たった3日預けていただけでも、本当に
辛くて、けっこうなストレスでした……
本人達もきっとそうだったと思います。

今回の決断は、本当にお辛いでしょう…
ストレスになっていることでしょう…
自分だったらどうしていたか…
ノンママさんのブログを覗く度に、
いつも考えさせられます。
でも、最後に来る「辛い」のどれを選ぶか…
私は、介護の現場で、終末医療の近くに居た
ので、最後に来る「辛い」でどれがいいのか…
すごく、考えさせられました。
全力で治療にあたるべきか…
本人の希望通り、好きなように最期を迎えさせて
あげるのか……
口をきけない子達には、何をしてあげれば…
どんな命でも、生きている限り、遅かれ早かれ、
いずれ最期を迎えます。
その最期の最後に来るであろう…「辛い」は、
ノンママさんの「辛い」です。
私は、ノンママさんが納得の行く方法が一番だと
思いますよ!どんな事をしても、最後に残された
人が一番辛いんです。

ノンママさんも、きっとすごく悩んだ…いいえ、
今も悩んでいると思います。
最後にやがて訪れるであろう「辛い」の中で、
どれが良いのか…ゆっくり悩んで下さい。
色々試して下さい。
辛いけど…今ノンママさんのご家族は、
3つの命の運命を抱えています。
辛いけど…小さな希望が、見えない未来に繋がる
ことがあります。
なんだか、最期を連発してごめんなさい(>_<)
決して、覚悟を決めた方がいい!
とか、そういうことじゃなく、ノンママさんの
気持ちが「前に向く」看護が、ハーちゃん達や
ノンママさんにとっても、絶対にいいと思うんです。
うまく言えなくて、すみません(泣)

ノンママさん!頑張れ!頑張れ!
頑張れなんて…本当は、一言も言いたくないけど、
この言葉しか出て来ない私を許して下さい。


| もちつきママ | 2010/03/07 12:36 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/08 02:06 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。